ほよよ

普通の主婦が風俗に堕ちた理由 その弐-お金に負けた主婦- その4 第八話 無料 試し読み

➡無料試し読みは
公式サイトからどうぞ。

『普通の主婦』で検索してくださいね。

 

お金に負けた主婦編の最終回ですね。

前回までの話で

おさわりOK

セックスOK

そこまで来て、最後の要求は・・・

もちろんあれですよね。

 

普通の主婦がどこまで快楽に負けてしまうのか。

楽しんでください。

無料試し読みは↓ここをクリック!

>>『普通の主婦』で検索<<

普通の主婦が風俗に堕ちた理由 その弐-お金に負けた主婦- その4 第八話 ネタバレ

駅弁の体位で

激しいセックスをした爆乳主婦は

身体をのけ反らし盛大にイってしまう。

 

気持ち良すぎて何も考えられない爆乳主婦。

そんな状態の主婦に対して、

おじさんは中出しがしたいと言葉にする。

 

中出しの交渉中にもおじさんは

ピストン運動を止めはしない。

 

爆乳主婦はおちんちんがオマンコの奥へ

出入りするたびに気持ちよさが身体中を巡り、

まともに考えることができない。

 

それでもやはり中出しはできないと

喘ぎ声混じりの声でなんとか発することができた。

 

なら、もう10万円出す!

それやったらええやろ!

 

なんと、おじさんはすでに20万円を

出す約束をしてるのに

さらに追加で10万円、合計30万円で交渉してきた。

 

爆乳主婦は気持ちよさと金額の大きさで

口ではダメだと否定してるが、

もうまともな思考ではいられない。

 

考えている最中も

激しいピストンと乳首への刺激は止まらない。

 

出してぇええ!

中に出して下さいぃぃいいい!!

 

爆乳主婦はイきながら中出しをしてほしいと

自分の口から叫んでしまった。

 

その声を聞いたおじさんは

一気におちんちんが膨れ上がり

大量の精子を爆乳主婦のオマンコの中へと注ぎ込んだ。

 

イくぅぅうう!!

 

爆乳主婦は身体をガクガクさせながら

おちんちんがオマンコに入っている状態で倒れこんだ。

 

出てるわ・・・

私の子宮に精子がどくどく出てる・・・

 

こんなに気持ちよくて

大金までもらえるなんて・・・

風俗って素敵だわ。

 

オマンコから精子を垂れ流しながら

爆乳主婦はそんなことを考えていた・・・

このエロ漫画の続きは↓こちらをクリック!

>>『普通の主婦』で検索<<

普通の主婦が風俗に堕ちた理由 その弐-お金に負けた主婦- その4 第八話 感想

完璧に快楽堕ちしましたね。

お金にも負けましたが、

あのイキっぷりはお金だけじゃないですよ。

 

めちゃくちゃセックスを楽しんでましたもん。

最後は今までにないくらい叫んでイっちゃいました。

 

こんなエロい女じゃなくて、

普通の主婦だったんですけど、

やっぱり女の人って男で変わるもんですね。

 

ということは、女の人は男の思い通りに

変態女にできるってことなんでしょうか。

 

そう思うと最高ですよね。

次回の話はどんな展開が待っているのでしょうか。

楽しみです。

無料試し読みは↓ここをクリック!

>>『普通の主婦』で検索<<