ほよよ

普通の主婦が風俗に堕ちた理由 その壱-仕事初め- その4 第四話 無料 試し読み

➡無料試し読みは
公式サイトからどうぞ。

『普通の主婦』で検索してくださいね。

 

前回は暴走したあつしくんが

巨乳人妻に襲い掛かってしまったところで

終わりましたね。

 

今回は、どんな展開が待っているんでしょうか。

無料試し読みは↓ここをクリック!

>>『普通の主婦』で検索<<

普通の主婦が風俗に堕ちた理由 その壱-仕事初め- その4 第四話 ネタバレ

あつしくんは巨乳人妻の

おっぱいを凄い勢いで嘗め回した。

 

巨乳人妻はやめてほしくて、

抵抗していたが、

内心それを期待していたところもある。

 

あつしくんは必死に人妻のことを愛撫し

キスがしたいキスがしたいと求めてくる。

 

巨乳人妻はこの行動に愛を感じていた。

夫にはもう相手にされていないのに

こんなに若い子に求められることに悦に浸っていた。

 

あつしくんのおちんちんは最高潮に膨張し、

巨乳人妻のオマンコに入れようと必死になっている。

 

巨乳人妻は抵抗をしているが、

力は全然入っていない。

むしろ入れないようにしているみたいだ。

 

内心、巨乳人妻もおちんちんを求めているのだ。

2人は濃厚なディープキスをし、

オマンコの中に今にも射精しそうなくらいに

いきり立ったおちんちんを挿入する。

 

久しぶりのおちんちん。

息子と同じくらいの年齢の

若くて硬いおちんちんが

入っている。

 

そんなことを思うと、

すぐにでもイキそうになる巨乳人妻。

 

そんなことにも気づかないくらい。

あつしくんは夢中に腰を振っている。

 

大きく揺れるおっぱい。

失神するくらいの快感に

巨乳人妻は喘ぎ声を上げ続ける。

 

2人は夢中にお互いの唾液を交換する。

最後は2人とも絶頂を迎えた・・・

 

冷静さを取り戻したあつしくんは、

やってはいけないことをしたと反省し、

オプション料金の2万円を払って、

もう2度と来ないことを巨乳人妻に誓った。

 

落ち込んでいるのか、

巨乳人妻は後ろを向いて

何の反応もないまま時だけが過ぎる・・・

 

そして、笑顔でまた来てね。

とあつしくんに言い。

さらにオプションは

あつしくんだけの特別だと告げた。

このエロ漫画の続きは↓こちらをクリック!

>>『普通の主婦』で検索<<

普通の主婦が風俗に堕ちた理由 その壱-仕事初め- その4 第四話 感想

あつしくんの暴走回でした。

それにしても、

巨乳人妻の身体って本当に40歳の身体でしょうか?

 

こんなにムチムチの身体だったら

あつしくんじゃなくても興奮しちゃいますよね。

 

久しぶりのセックスも気持ちよさそうでした。

これであつしくんももっと風俗に足を運ぶことでしょう。

 

お金も稼げて、性欲も満たされる。

最高の職場を巨乳人妻は見つけれましたね。

無料試し読みは↓ここをクリック!

>>『普通の主婦』で検索<<