ほよよ

普通の主婦が風俗に堕ちた理由 その壱-仕事初め- その2 第二話 無料 試し読み

初めてのお客さんは

息子と同じ、大学生くらいの男の子。

 

そんな血気盛んな男の子が、

見られるだけで満足するのか?

 

そんな不安を抱えながら風俗1日目がスタートした。

無料試し読みは↓ここをクリック!

>>『普通の主婦』で検索<<

普通の主婦が風俗に堕ちた理由 その壱-仕事初め- その2 第二話 ネタバレ

いきなり服を脱ぎ

全裸になった男の子を見ると

すでにおちんちんはギンギンになっていた。

 

いきなり全裸になったことにも

驚いたが、それよりも

立派なおちんちんに目を奪われてしまった。

 

こんなに大きいおちんちん初めて見たかも・・・

少なくても旦那よりも大きいわ・・・

 

しかも、もうすでに擦り始めてるし、

私は何をしたらいいの??

 

戸惑っていると、男の子から指示があった。

 

サキさんはしばらくそのままで。

 

サキ?

そういえば、私はここではサキって名前だったんだ。

 

本当に私の目の前で、おちんちんを擦って

オナニーしてる・・・

 

自分でするのを見られるなんて恥ずかしくないのかしら?

どうしてお金まだ払ってまだ・・・

 

嫌だ。

私のことを見ながらおちんちん触ってる?

なんで?

どこを見てるの??

 

私の身体と自分のオナニーをしてる姿を見てる

私の反応を見てるんだわ。

 

なんだかすごく恥ずかしい・・・

 

見てるだけの風俗って話だったけど、

本当は見られることも仕事なんだわ。

 

私のことをみて興奮してるなんて・・・

40歳のおばちゃんなのに・・・

 

だんだん手コキのスピードが上がってきて

大学生の男の子は、

私をベットの上に来るように促した。

 

そして、四つん這いになって

今にもフェラチオができそうなくらい

近づいておちんちんを見ることになった。

 

この距離だと匂いまでわかっちゃう・・・

そういえば、おちんちんの匂いってこんなんだったな・・・

 

それに、やっぱりこのおちんちん・・・大きいわ。

こんな体制でおちんちんを見ていると、私も・・・

このエロ漫画の続きは↓こちらをクリック!

>>『普通の主婦』で検索<<

普通の主婦が風俗に堕ちた理由 その壱-仕事初め- その2 第二話 感想

こういう風俗もあるんですね。

ちょと男の子の気持ちも分からなくはないです。

 

奥さんも40歳とは思えないほどいい身体してますし、

お店から借りた服装もきわどい感じでいいんですよ。

 

綺麗な人妻があんな格好したら、

テンション上がってオナニーしちゃいますよ。

 

最後らへんは人妻もその気になっていて

襲われてもいいかもって表情してましたね。

次回はもっと過激なシーンが見れそうですよ。

無料試し読みは↓ここをクリック!

>>『普通の主婦』で検索<<